ここから本文です。

石澤大輔

石澤 大輔 (いしざわ だいすけ)

24年間、受験指導の最前線に立つ。「神」とも「鬼」とも呼ばれる指導力が光る。

座右の銘

永遠に女性的なるもの我らを高みに引きつれていく」(ゲーテ『ファウスト』

 趣味

歌舞伎を見る・音楽を聴く

 学生時代夢中になったこと

10代はとにかく読書。1日1冊は当然だと思っていた。

 自分を動物にたとえると?

ライオン:髪形がタテガミに見えてくる・・・!?

啓明舎っ子たちに一言!

最後まであきらめないこと。たえず、学び続けること。

石澤 あたたかく、長い目で成長を見守るオヤジ!

石澤大輔石澤 大輔からのメッセージ

中学受験を通して君たちが成長してくれることが私の願い。国語の授業で多くの「ことば」をあたえ、社会の授業でさまざまな世界へと開き、君たちが少しでも大人になっていくことに力を貸します。ただし、君たちも待っているだけではだめです。自分を変えようという気持ちを持つことが大切。そんな気持ちを持って、「最後まで諦めない」姿勢を身につければ、どんな困難が待ち受けていようとそれを乗り越えていくことができますからね。

石澤 大輔の宝物

石澤大輔の宝物ここに一緒に写っているのはフィレンチェのサルト(スーツ作りの職人)であるアントニオ・リヴェラーノというオヤジさん。50年以上スーツをつくることだけに人生をかけてきた職人です。このオヤジさんに負けないような「プロ」になることが私の願いです。

石澤 大輔の休日

パターンA(外):歌舞伎、文楽を見に行くか、クラシック(別の場合もたまにある)のコンサートに行くか、映画に行くか、美術館に行く。
パターンB(家):歌舞伎、オペラ、映画などなどをもぞもぞ見たり、クラシックやジャズのCDをこそこそ聴く。

石澤 大輔の授業
『韻文の知識』 小6生2月頃履修予定