ここから本文です。

 堀内 春花(ほりうち はるか)

堀内 春花 (ほりうち はるか)

「メリハリ」「けじめ」を合言葉に、楽しくわかりやすく学ばせる

座右の銘

前後を切断せよ、みだりに過去に執着することなかれ、満身の力を込めて現在に働け

趣味

読書です!
あとはドラマや映画をみるのも大好きです。お笑いもよく見ています!

学生時代夢中になったこと

塾のアルバイトです!
夏休みは9:00~22:00で授業でした!4年間どっぷりはまりました。

自分を動物にたとえると?

犬です!
嬉しいときはうれしい、悲しいときは悲しいをついつい顔に出してしまいます。

啓明舎っ子たちに一言!

何事にも一生懸命な啓明舎のみんなが、私は大好きです!勉強するときも、遊ぶときも、笑うときも 一生懸命な人になろう!

 堀内_キャッチコピー

堀内 春花からのメッセージ

堀内_全体突然ですが皆さん、「将来の夢」ありますか?

たくさんある人も、ない人も、心に決めたただ一つの職業がある人もいるかと思います。

しかし現在の社会を鑑みるに、きまった職業を目標にするのは難しいのが正直なところです。
ここから数十年後、私たちにとって今当たり前のように存在している職業が、コンピューターに代わられるという研究結果が発表されたのを、知っている人もいるかもしれませんね。

でも、「将来の夢」は何も具体的な職業ばかりではありません。
「人の役に立ちたい」、これも立派な「将来の夢」ですね。

そこから先の岐路は様々です。
医者になって病魔から人を救うのも、小説家になって人の心に安らぎや現実には感じられない体験を想起させるのも、日本経済を回す大きな原動力である会社員もそうです。

ただ、いつでも心の中に持っていてほしいのは「どんな人になれるか」ではなく、「どんな人になりたいか」という自分への問いかけです。
算数が苦手だからお医者さんにはなれない、ではなく
算数が苦手だからお医者さんになれるように頑張る であってほしい。

子どもたちに、できるだけピカピカな未来を見せてあげたい。
叶う夢ではなく、叶えたい夢をもってもらいたい。
そのために、私ができる一番の授業をご用意して、啓明舎でお待ちしてます!

堀内 春花の宝物

堀内 春花の宝物

今までいただいた、生徒・保護者の方からのお手紙です。書かれている文字の一つ一つが宝物です。
辻仁成さんの「代筆屋」や東野圭吾さんの「ナミヤ雑貨店の奇跡」などを読んでから、手紙の力を強く感じています。

堀内 春花の休日

堀内 春花の休日

■パターン①:自宅モード!
→「家から出ない」を目標に前日から“籠り”の準備をし、読書や映画鑑賞をして過ごします
■パターン②:アグレッシブモード!
→宝塚歌劇団が大好きなので、東京劇場まで!また別の日は、実家から愛犬を連れだして公園で一緒に過ごしたり・・・いくつもの本屋さんをめぐったりしています。

堀内 春花の授業
『物語文の読解~風景から心情を読み取る~』 小5生2学期頃履修予定