ホーム > 学年別ポイント:小2の学習

ここから本文です。

学年別ポイント:小2の学習

授業の様子:小2の学習

教室のようす「よく学び、よく遊ぶ」 頭で汗をかくよろこびに目覚めさせる
数や図形の感覚、言葉に対する興味、身の回りの事象への好奇心は、幼い頃から育んでいくべきものです。ただし、大切なのは、「自分から楽しんで取り組む」こと。啓明舎の2年コースは「学ぶことの楽しさ」を軸にしながら、基本的な計算や漢字のトレーニングをゲーム感覚で進めていきます。

学習のポイント

算数

【前期】
前期は2~3けたのたし算・ひき算を確実に習得させると同時に、「頭のなかで工夫して解く」楽しさ(=暗算力)を身につけさせていきます。他方で、魔方陣や推理算、思考力を養うゲームなど、高度でありながら、子どもたちが夢中になれるテーマに、月替わりで取り組んでいきます。夏にはかけ算の九九を習得します。

【後期】
後期はたし算・ひき算とかけ算(九九)の定着からはじまり、図形や文章題にも取り組んでいきます。ただし、基本にあるのは「算数を楽しむ」こと。マッチ棒やタイルで図形を作ったり、サイコロを転がしたりしながら、自然に図形のセンスを磨いていきます。

国語

【前期】
前期は多くの文章を「読み」、それを基に「考え」・「書く」ことで、文章読解の基礎へと導きます。同時に、漢字を中心に「ことば」への興味を喚起し、「ことば」を増やしていきます。子どもたちに読書の習慣がつくようにも指導していきます。

【後期】
後期は「昔話」「神話」、「動物」や「植物」の説明文などを通して、知的好奇心を持たせることを主眼にし、子どもたちの世界を広げます。また、熟語、同類語や反対語を学ぶことで、表現力が豊かになるように導いていきます。