ホーム > 塾長 後藤卓也のつぶやき > 「夢を繋ぐ」ということ

ここから本文です。

「夢を繋ぐ」ということ

海の中の写真みなさんは「メタンハイドレート」という物質を知っていますか?
メタンハイドレートとは、都市ガスの主成分であるメタンという物質が水と結びつき、氷のような状態で地中に存在している物質で、地中から取り出せば天然ガスと同じようにエネルギー資源として利用できます。海底には大量のメタンハイドレートが埋蔵されているため、とりわけ資源の乏しい日本では「次世代のエネルギー源」として大きな期待が寄せられており、つい先日、愛知県沖の海底で、世界ではじめてメタンハイドレートの採掘が開始されるというニュースが報道されました。
この世界初の採掘作業を行うのは、JAMSTEC(海洋研究開発機構)の探査船「ちきゅう」。「はやぶさ」プロジェクトで一躍世界に名をとどろかせたJAXA(宇宙航空研究開発機構)には「知名度」の点では及びませんが、海洋資源の探索だけではなく、深海の生物の研究は恐竜絶滅以前の生態系や、さらには生命の起源の解明にもつながる貴重なものですし、なにより「地震の巣」の上に住んでいる私たちにとって、地球内部のマントルやプレートの研究は「明日の我が身」に関わる火急の課題です。JAMSTECはこうした一連の研究・調査において世界の最先端を行く研究機関なのです。

「ちきゅう」のニュースが流れているとき、ちょうど私は1冊の小説を読んでいました。その本は、朱野帰子さんの『海に降る』(幻冬社)。JAMSTECの若手研究者が未知の海洋生物の研究に挑む「海洋冒険小説」なのですが、私のような理科オタクは、「口だけが巨大化し他の部分がミイラのように細く縮こまっているフクロウナギ」とか「口もなく骨もなく内臓のきれはしのような体に粘液をまとったヌタウナギ」のような摩訶不思議な生物が登場するだけで、ネットで画像を検索し始め、小説の本筋そこのけで何時間もハマってしまいます。

この本のなかで主人公の一人が、海洋生物学者であった亡き父親の思いを胸に、こんな言葉を投げかけます。JAMSTECの一般公開イベントに集まった子どもたちに、そして読者に向けて。
「今日、会場にきてくれた子供たちみんなに質問します。
君たちには夢がありますか。そのためだったら、どんなに頑張ってもいいと思えるような、そのことだけを考えるだけで毎日がきらきらと輝いて見えるような、そんな夢が」
彼は、「海洋研究は税金で賄われているのだから、何の役にも立たない深海生物の研究より、資源開発に専念すべきだ」と主張する政治家に対して、こう反論します。
「資源は費やしてしまえば終わりです。しかし人類がまだ足を踏み入れぬ深海底に潜り、未知の生物を探すという夢は、今ここにいる子供たちに、枯渇することのない莫大なエネルギーを与えてくれるのではないでしょうか。まだ終わってなどいない、これからはじまる物語を次世代に引き継ぐことこそが、僕たち大人が果たすべき責務なのではないでしょうか」(『海に降る』148~151ページ)

「夢を繋ぐ」こと。それこそが僕たち大人の最大の責務であるということ。

私は(著者の朱野さんも)メタンハイドレートの採掘そのものを批判しているわけではありません。人間は霞を食べて生きていけるわけではないのですから、新しい資源を開発しなければ、いま私たちが「当たり前」のように享受している文明生活も維持することはできません。
志望校に合格すること。そのために受験勉強をすること。安定した職業に就き、幸せな家庭を築き、充実した人生を送ること。我が子にそんな願いを抱くことは、人の子の親であれば当たり前ですし、私たちもその思いを叶えるために、受験指導をしています。それが私たちの「責務」なのですから。

でも私たちは、「志望校に合格させるために、入試に出題されることを教える」だけでなく、君たちの人生にとっても、私たち人類の明日にとっても、何の役に立つのかわからない、フクロウナギやヌタウナギの話を語っていきたいと思います。深海底の生物だけでなく、絶滅した太古の生物や、「はやぶさ」や「ちきゅう」のことも伝えていきます。

私たちの「夢」は、先人たちの思いを受け継ぎ、私たちの世代が解き明かすことのできなかった様々な「謎」を解明してくれるような、そんな人材を育てていくこと。「そのためだったら、どんなに頑張ってもいいと思えるような、そのことだけを考えるだけで毎日がきらきらと輝いて見えるような」大きな夢をもった子供たちを育てていくこと。
いっしょに「夢」を紡いでいきましょう。そして私たちの果たし得なかった夢を明日に繋いでいってください。そのために、これからの理科の授業がこれまで以上にワクワク・ドキドキの連続になるように、全力で取り組んでいきます!!