啓明舎(けいめいしゃ)|難関中学受験名門/知性高めるには

ここから本文です。

知性高めるには

    小学5、6年生の塾生を対象に、2週間にわたり学習・生活時間を調査した。

 6年生の家庭学習は、週平均15時間。それに加えて塾での授業やテストが週15時間。これでも「難関校」を目指すには不十分な気もするが、小学校に通う時間を加えると明らかに労働基準法の週40時間規定は超過しているし、中学受験をしない一般的な小学生と比べれば、「そんなに勉強してるんだ……」と驚嘆されるレベルだろう。

 5年生はというと、家庭学習が「週5時間以内」という生徒が少なくない。「1日たった30分か」とため息をつきたくなるが、まだ進級したばかりだし、入塾したての塾生も多いので、「これからの指導次第」というのが正直な感想だ。

 勉強時間の短さ以上に驚いたのが、テレビの視聴時間だ。こちらは「週5時間程度」と「週15時間以上」に回答が集中して、「ふたこぶラクダ」型のグラフになった。

 かといって、必ずしもテレビ視長時間の長い塾生の成績が悪いとはいえない。特にアニメやお笑い番組ではなく、ドキュメンタリー番組やドラマが好きな子供は、好奇心が旺盛で語彙も豊富。授業を盛り上げてくれる「かわいい塾生」であることも少なくない。

 だが「かわいい塾生たち」だからこそ、あえて言おう。「テレビ漬けのままでは、ここから先は成績が伸びないよ」

 テレビと読書の決定的な違いは、情報に対して受動的か能動的か、だと思う。テレビは、ぼーっと見ていてもなんとなく理解できるし、最後まで見てしまう。本は意思の力がなければ、最後まで読み通すことはできない。内容の良しあしにかかわらず、意思の力が介在するかどうかの分水嶺だと思う。

 だから私は、睡眠学習や本の読み聞かせ、聞き流し型の英会話教材みたいなものにも懐疑的である。学習とは習慣化や効率化ではなく、最後は意思力を強めることにあると信じている。