ホーム > 目黒佳菜の啓明舎日記 > お悩み解決!「習い事との両立」

ここから本文です。

お悩み解決!「習い事との両立」

こんにちは。啓明舎の目黒と申します。

もともと教師として教壇に立っていたのですが、産休・育休を経て現在は教育アドバイザー兼レプトン責任者として勤務しております。

今月からこちらで文章を書かせていただくことになりました。ブログ・Facebookとあわせて、皆さんに啓明舎の考え方・生徒のこと・教師のこと等、より良く知っていただけたら嬉しいです。

さて、残り約1か月で夏期講習が始まります!6月に入り公開説明会を実施しているのですが、本日はそこでよく尋ねられる質問にお答えしますね。

題して
「お母さん・お父さんのお悩みを解決!コーナー」(パンパカパーン☆)
といったところでしょうか♪

【Question】
啓明舎に通わせたいのですが、他の習い事との両立ができるかどうか、悩んでいます。

【Answer】
啓明舎では野球・サッカー・スイミング・バレエ・ピアノ・将棋等、様々な習い事と両立して通ってくれている生徒が多くいます。
「大好きなピアノを続けながら、勉強も頑張るんだ!」「野球が強いあの中学に行きたいから、習い事と勉強を両立するぞ!」など、習い事が勉強にプラスの影響を与えている場合も少なくありません。

(そして本音を言うと…習い事をやめたからといって、その時間が丸々勉強の時間になるとは限りません。マルマルッと「ダラダラする時間」になってしまう可能性もおおいにあるのです。それであれば、習い事と勉強を両立しながらメリハリのある生活を送ってほしいと考えています。)

しかし習い事を続けることで勉強をする時間が圧迫されることも事実です。もちろん生徒によってアドバイスは変わってきますが、習い事について考える1つの目安の時期は【5年生の秋】ですかね。啓明舎で学ぶ内容も難しくなり、「あと1年半で受験生だね」という気持ちも芽生えてくる時期。(「芽生えてくる」のは主に大人で、生徒にとってはまだまだ遠い未来の話ですが…)

・受験のために習い事の頻度を減らした時に、勉強に対するモチベーションも落ちてしまうのか
・勉強を頑張るために、息抜きの一環として習い事が思い切り楽しめるような時間になるのか
・習い事1回につき1~2時間程度のロスを、他の日に頑張って取り戻す努力ができるのか

そういったことを踏まえて、【5年生の秋】を目安に、1度習い事に関して考えていただくのがいいかと思います。

「家族会議」だけでは結論が出ない場合、遠慮なく啓明舎の教師にご相談くださいね。