ホーム > 5つのオリジナル教材 > See-be(シー・ビー)

ここから本文です。

See-be(シー・ビー)

See-be(シー・ビー)

視覚で理解する次世代の授業システム

See-be(シー・ビー)は、授業用に特化されたツールです。実際に教鞭を執る教師の立場から、指導を強力に補助するマルチメディア素材を作成・収集して開発された、画期的な指導ツールといえます。

特に動画素材に関しては、NHKアーカイブスの膨大な資料映像を始め博物館、大学など各種の研究機関から協力を得ることができました。目の前のホワイトボードがマルチメディアの大スクリーンに変わり、見たこともない興味深い映像が画面いっぱいに広がります。

Point1. 美しくわかりやすいイラスト

See-be画面キャプチャ手書きの板書や白黒印刷の資料では実現不可能な、美しく、かつ正確でわかりやすいイラスト資料。アニメーションも併用されて、スピーディに理解できます。

Point2. 貴重な動画映像資料

See-be画面キャプチャ

歴史的映像、再現ドラマ、超高速・超微速度撮影、顕微鏡動画、危険が伴う実験、博物館や各種研究所から提供された他では撮影不可能な映像など、実物を見て初めて伝わる微妙なニュアンスも、See-beなら瞬時に伝授。

Point3. 教師の操作で動く実験シミュレーション

See-be画面キャプチャ教師が画面を操作し、その場で結果を見せる実験シミュレーション。抽象的な概念の具体化や、連動して変化する要素のあるグラフなど、深い理解に役立ちます。

例えば社会の授業

 

例えば理科の授業

 

 

5つのオリジナル教材